脱毛する前に要チェック

福岡でVIO脱毛や全身脱毛などをする前に、知っておきましょう。
それは福岡にある脱毛サロンやクリニックで「脱毛したい!」「脱毛しよう!」と思っていても、もしかしたらできない場合もあるんです。
どんな場合、脱毛サロンで施術を受けられないのかをお伝えします。

 

注意点

 

こんな場合は脱毛できないかも?

  • 体調が悪い
  • 当日からだが不調な場合はその日の施術ができなくなります。
    持病がある場合や薬を服用している時は、その症状により脱毛の施術が受けられないケースもあるようです。
    医師の許可がないと脱毛できないこともあります。

     

  • 妊娠している
  • 妊娠している時に脱毛をしてしまうと、ホルモンバランスの関係でその効果が現われにくくなりますから、脱毛はしないのが一般的です。
    つまり一度脱毛した部分からまた毛が生えてくることがけっこうあるからなんです。
    その他にも多毛症つまり毛がこくなる場合もあり、体調も安定しない時期なので脱毛はしないほうが良いのです。
    尚、妊娠している時に脱毛をすると母体や赤ちゃんに悪い影響があるというようなことはありません。
    出産後は生理が始まって安定してから施術することができます。目安は出産から3ヶ月経過くらいです。

     

  • 授乳中
  • 赤ちゃんにおっぱいを上げている期間はワキ、胸、乳輪周りの脱毛はNGになっています。
    脱毛機のレーザーや光は母乳に悪影響があるのか気になるでしょうが、そういった影響はないので心配は要りません。
    赤ちゃんを産んでからしばらくはホルモンバランスが崩れていてお肌もとってもデリケートな状態になっていますから肌トラブルが発生しやすいので福岡のサロンやクリニックではやらないことが多いようです。

     

  • 予防接種を受けた
  • 予防接種を受けたことで、体調を悪くする方が時々いますから、注射の前後数日間は脱毛の施術を行わないサロンが多いです。
    インフルエンザの予防接種を受けた跡にはお肌が敏感な状態になっていますし、中にはアレルギー反応が出てしまう方もいるようですから……その他にも針を挿した部分や周囲が赤くなり腫れてしまう場合もあります。
    そのようなこともあり安全に脱毛するために予防接種後しばらくは脱毛施術をしない福岡のサロンがほとんどです。

     

  • 日焼けをしている
  • 日焼けを肌が炎症を起こしてダメージを受けていますので、脱毛のお手入れができないことがあります。脱毛サロンに通う場合は日焼けには十分に注意しましょう。
    もし日焼けをしてしまった時には、日焼けが治まって元々のお肌の色になってから脱毛をすることになります。
    また脱毛の施術を受けてから、2週間くらいは日焼けをしないように注意しましょう。

     

  • お酒を飲んだ
  • お酒を飲むと体温が上がるため、その状態で施術をすると肌トラブルを起こしやすいので、飲酒後の脱毛はできません。
    サロンに行って脱毛する前の日や当日はアルコール類は控えるようにしてください。

     

  • 肌トラブルがある
  • 「お肌がデリケート」「乾燥肌」「アトピー性皮膚炎」などお肌のトラブルを抱えている場合は脱毛ができないのか?
    肌のトラブルがある方は、一度カウンセリングを受けてから脱毛が可能かどうか判断することになります。
    アトピーなどで通院している時は、医師の同意が必要になる事もあるようです。
    タトゥーをしている箇所は脱毛はできません。

     

  • 生理中
  • 福岡のサロンでは基本的にVIOは脱毛ができませんが、それ以外の部位についてはOKなところが多いようです。でも中にはホルモンバランスの影響を考慮して生理中の脱毛は一切しないというお店もあります。
    ホルモンバランスが不安定になっているとどうしても肌トラブルが起きやすくなっていますから、脱毛の効果が得られないことから生理中の脱毛施術は控えた方が良いと考えられています。

     

  • 1ヶ月以内に結婚式をする
  • サロンではこういった場合は脱毛ができないサロンがほとんどですが、福岡の美容外科などの医療機関ではお手入れができるところもあるようです。

 

薬を服用中の人が脱毛する場合

薬を服用している場合、果たして福岡の脱毛サロンや美容外科で脱毛しても大丈夫なのでしょうか?
病院から処方されている薬を飲んでいる時には何か制約や注意点はあるのでしょうか?

 

一般的に薬を服用している人が福岡で脱毛しようとすると断られてしまう可能性が高いです。
どうして薬を飲んでいると脱毛できないのかちょっと疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。それそのはず、脱毛サロンでの施術は脱毛機から光を照射してむだ毛を処理していく方法を取っていますから、薬を服用しても全く問題がないように思うのではないでしょうか。実は薬には様々な副作用があるので万が一のことを考慮して脱毛する際には慎重にならざるを得ませんから、場合によっては脱毛してくれないこともあるのです。何かことが起こってからだと遅いということもありますから……。

 

福岡のVIO脱毛と薬の副作用
病院で処方されている薬の中で注意したいのは、解熱鎮痛薬、抗生物質、抗真菌薬、抗不安薬などです。これらの薬を服用していると光が過剰反応してしまい湿疹が発生してしまうなど、赤みが生じてしまうなど、酷い時ケースだと火傷みたいになってしまうことがあるんです。
福岡にあるほとんどのサロンでは処方薬を服用している方が脱毛される時には、事前にドクターに確認するように促されると思います。つまり医師の同意が必要になってくるようです。
また市販薬の飲んでいたり飲んだ場合には、大体は服用後に8時間程度間隔を開けるようにして脱毛の施術を受けることが可能なようです。
ただし、市販の風邪薬などでも副作用が出るケースがありますから、薬の服用に関する疑問や不安については福岡サロンの無料カウンセリングで相談するのが一番だと思います。そしてその上で指示や決まりをきちんと守っていくのが大切ですね。

 

 

関連ページ

照射ができない箇所
iラインの内側部分は照射が難しい部位だといわれていて、なかなか効果も出づらいということで知られていますが、iラインの脱毛の粘膜箇所はやってできるものなのでしょうか。
敏感肌の人の脱毛
敏感肌の人の場合は、自分はエステで脱毛処理ができないと思っている人も多いようです。でも必ずしもそうではないのです。敏感肌の人がサロンで脱毛するときの注意点は何か。
最近のワキ脱毛はどうなっている?
福岡で人気サロンの両ワキ脱毛の料金やその実態について、また実際に今現在エステで両わきの脱毛で通い中の方に、その状況について伺ってみました。
脱毛の自己処理について
自分で脱毛する自己処理はいくつかの方法があります。いつでも好きな時に自分できるのでお金を罹らないのが利点ですが、逆にお肌トラブルの元になることもありますので慎重に行いましょう。
サロンと美容外科の違ったとされるのは
クリニックとサロンの違い〜わかりますか?どこで施術をしようか悩む方も多いでしょ。経験したことのない脱毛に神経質になるのは歓迎すべき事ですから、どんなからくりだろうかと把握しておいたら大丈夫ですね。
脱毛を始めるのに最適な時期
「全身脱毛をしようと思うけれど、翌年の夏までにはツルツルになりたい」と、いつ頃から開始するといいのかな・・・」、「ビキニを着るシーズンまでにピカピカにしたいけど、いつあたりから脱毛をスタートしればうまくいくの?」、そんな悩みを抱いておられるのではありませんか?
ワキの脱毛で臭いを解消
汗をかいた際の脇のにおいが気にかかって脱毛を行うという人もいるはずです。脇のにおいは、ムダ毛のあるせいで菌の繁殖力が強力になってしまうのが要因となり得ますから、大いに脇の脱毛によって良化する場合があります。
脱毛〜お手入れ後のケア
脱毛した後の効果的なアフターケアについてです。照射するばかりが脱毛じゃありません。ピカピカのお肌を目指すためにも脱毛が済んだ後のお手入れもものすごく重要ですから、お家に戻ってからも、適切なアフターケアで肌をケアしてあげたいものです。
毛周期と脱毛方法いろいろ
効果のある脱毛周期を得るための基本にあるのは、毛が生えかわるサイクル=「毛周期」を理解することが欠かせません。毛周期についてほんの少し理解しておきさえすれば、短い間に際立って効果がある脱毛が期待できるようになっていくのです。